浮世絵
>「浮世絵」は、はかない現世、移ろいゆく世界を描いた絵です。この名称の下、多くの木版画が17世紀末に制作され始めました。「浮」という漢字は、仏教的ニュアンスに満ちた、聖なる不変の世界とは対照的な、現世、目に見える世界のはかなさを喚起しています。